ジェームズ・ウェッブ・ヤングがおすすめ | アイデア

装丁はハードなのですが!個人的にはソフトの方が良かった。広告業をターゲットにした文章ですが、他の分野にも十分応用可能だと思います。良い本です。

下記の商品です♪

2017年03月12日 ランキング上位商品↑

アイデア ジェームズ・ウェッブ・ヤングイデアのつくり方 [ ジェームズ・ウェッブ・ヤング ]

詳しくはこちら b y 楽 天

百円ショップにてラッピングを探した方がよいかもしれません。(2)新しい組み合わせを作り出す才能は事物の関連性を見つけ出す才能により高められる。しかしその薄さの中に必要且つ十分な内容がきちんとまとめられているから素晴らしい。文字が大きめなので読みやすいです。 本自体がとても薄いですが!その後ろ3分の1が竹内均氏の解説なので!本文は本の厚さのわずか3分の2程度。本当に一時間もあれば読めますねえ。 本については、申し分ありません。要は第一に原理、第二に方法であり、それぞれは以下のとおり: ★アイデア作成の原理=(1)既存の要素の新しい組み合わせである。かなり参考になりました!これは我々には必需品ですね。もちろん実際にやってみなければ価値はありませんし、そこまで過保護な内容でもありませんが、アイデアが必要な人には役に立つと思います。良いと言っている方が多かったので購入してみました。プレゼント用にラッピングを選びましたが!今ひとつですね。具体化し、展開する。常日頃の何気ない思い付きも!どうせ下らないから!と云って打っ棄るような人にはお薦めです。読後に批判的な考えが浮かんだ方は残念ながら・・・・何十年も前に書かれているにもかかわらずその手法は色あせていません。ひと月300枚(=1日に10枚)の原稿を二十数年も休まず書き続けていること。−−−内容としては、至極当たり前のことが書かれていますが、やはり何事も基本に忠実に、ということですかね。それでいて要点を押さえてある本のように思えました。最後に方法論や道具に凝って結局何もしないということのないよう「直ぐに仕事を始めよ」との言葉で!本末転倒とならぬよう戒めていることは全くそのとおりで!常に心しておかなければならないと感じました。果報は寝て待て、と申しますが、やるだけのことをやったら焦らずに結果を待て、という意味ですね。 アイデアのバイブル的な著作である本書が広告業界のみならずどのような分野にでも当てはまる内容であることを、竹内氏の専門である自然科学分野での発見(「大陸移動説」や「種の起源」等)との共通性に照らして解説している。Amazonとは違ってこれ一点でも送料無料なのがいい。中古品+送料よりお得だと思います。「60分で読めるけれど、一生あなたを離さない本」とあります。−−−元の記事で紹介されているとおり!短時間が読みきることができましたが!確かにエッセンスが詰まっていました。新品で送料無料でこの価格は良かったです。広告に関わる人向けですが!他にも応用範囲は広い。本当にアッという間に読めてしまいました。 竹内氏の解説も本書を価値を高めていると思う。もっと効率よく!より多くのアイデアを出す為に理論を学ぶのに最適です。少し抽象的でわかりにくかったです。−−−こう書くと、なにかものすごい魔法のセオリーを期待した方をガッカリさせるかもしれませんが、この当たり前の方法こそが魔法のセオリーだと気付かされました。。手順は至極簡単!単純ですが実践出来る人はそもそも普段から良いアイデアが出せていると思います。自分のバイブルになりそうです。 また!「アイデアのつくり方」と原理的には同じという竹内氏の「私なりの方法」も素晴らしい。過保護にしてほしい気分もあるので、一つ星を減らしてみます。また!15分という時間の断片を使って作った3枚程度の原稿の断片を100くっつけることで!1冊の本を容易に作り上げてしまうこと等。1988年初版で今もバイブルとして読まれていることに驚き。何やかんや詰め込んでも超薄。配達も早かったです。軽く本を楽しみたい方にはおすすめです。著者の本編よりも竹内氏の解説の方が分かりやすかったりしますので!そこは編集者のうまさでしょうか。面白い内容ですがすぐに役立つ類の本ではありません。アイデアが湧いてくるようにそのノウハウが書かれているようにも取れるしアイデアの豊富な人の特性を列挙してくれているようにも読める。アイデアの創出方法はどこの業界でも一緒なんだなぁと!実感。 ★アイデア作成の方法(5つの段階)=(1)資料集め (2)資料の咀嚼 (3)放棄する(無意識に任せる) (4)ひらめく (5)検証する。確かに薄くてすぐ読み終わりますが!何度も読んでみたくなる本です。インターネットの何かの記事でこの本のことを知り!即購入しました。「アイデアとは既存の要素の新しい組み合せ」と断言され!「創造」というイメージとの違いに少し怯むが考えてみると!物事は組み合せを進化させているに過ぎないと納得。アイデア創出の原理と方法を説いた良書です。